看護師転職選びで失敗しない!多くの祝い金をもらう5つの方法教えます

看護師転職ボーナス12万がもらえる

看護師と准看護師の違い

 

看護師は大きく分けて、正看護師准看護師の2種類があります。

 

 

正看護師と准看護師の資格の違い

 

  看護師 准看護師
免許

厚生労働大臣

都道府県知事

業務に関する法律上の位置づけ

「傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする」

「医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定すること(傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助)を行うことを業とする」

保健師・助産師資格取得

可能

不可

専門看護師・認定看護師
資格取得

可能

不可

 

 

正看護師と准看護師の業務上の違い

 

どちらも見た目は同じ看護師ですが、資格により仕事内容が異なってきます。

 

 

正看護師は「医師の指示」に基づき医療行為の補助を実施します。
 
一方准看護師は「医師・歯科医師・正看護師」の指示のもとで看護を実施します。

 

 

 

それにより、准看護師から正看護師へ指示・指導することはできません。

 

 

また認定看護師を目指したり、管理職へ昇格するなどのキャリアアップが難しくなります。

 

 

お給料面からみてもキャリアアップが難しいため管理職手当などの手当てもありません。

 

 

しかし実は、正看護師にできて准看護師にできない仕事というのはありません。
つまり、仕事内容にはほとんど差はないのです。

 

 

准看護師から看護師になるための4つの方法

 

 

 

もっとも最短で准看護師から正看護師になるには?

 

中学卒業後「高等学校衛生看護科(3年)を入学する。
卒業後、看護短期大学または看護学校(いずれも2年)」というコースです。

 

これであれば高校卒業後3年制の看護学校に行くよりも1年早く正看護師の免許が取れます。

 

 

高校卒業後、准看護学校に2年通い資格を取得した後に、看護短期大学・看護学校に2年通う方法なら、看護大学と同じ4年で国家試験受験資格が与えられます。

残業なしの求人あり

年間8.6万の看護師転職をお手伝い!
年収500万以上、年間休日120日

良好な職場環境をオススメしています。


 
トップページ 転職支援金の仕組み 逆指名制度を活用 キャリアコンサルタント 非公開求人を活用