看護師転職選びで失敗しない!多くの祝い金をもらう5つの方法教えます

看護師転職ボーナス12万がもらえる

看護師から保健師になるには

 

看護師から保健師になるには、まずは看護師資格が必要になります。

 

 

それから、保健師国家試験に合格しなければいけません。

 

 

また、保健師の資格をとるには以下4つの方法があります。

看護師専門学校や短大(3年)を卒業後、保健師学校(1年)か短大の専攻科(1年)で学ぶ

 

看護師専門学校や短大(3年)を卒業後、看護系大学に編入(2〜3年)する

 

看護系大学(4年)で学び、卒業年に看護師と保健師免許を同時取得する

 

衛生看護科のある高校で准看護師を取得し、看護学校で正看護師、さらに保健師学校に進む

 

 

 

保健師国家試験合格率

 

保健師国家試験の合格率は、85〜100%と高い合格率です。

 

 

しかし、高い合格率となっているのは狭き門のため、全員が一生懸命勉強をしている結果だということがいえます。

 

 

保健師へ転職するメリット、デメリット

メリット デメリット

休みがはっきりしているので予定がたてやすい

 

夜勤がないため、身体的に楽

 

病人から健康な人まで、様々な年代の方と関われる

 

長期的な関わりが持てる

 

様々なケースに触れることで自分のスキルアップに繋がる

医療だけでなく福祉や介護全般の知識が必要

 

法律の知識が必要

 

個人の責任が大きい

 

休日まで保健師として頼りにされることがある

 

自己研鑽しないと医療関係の知識に疎くなる

 

 

保健師と看護師の年収(給料)を比較

 

保健師の平均給料


厚生労働省「平成23年度 国家公務員給与等実態調査調査」より

 

平均年齢は45.5歳で平均年収は約528.9万円となっています。

 

 

看護師の平均給料

 

厚生労働省の平成25年度賃金構造基本統計調査では、

 

看護師の平均年収は38歳約472万円

 

准看護師の平均年収は46.7歳約399万円

 

 

調査結果より、保健師さんの方が看護師さんより年収が多いことがわかりました

 

また、公務員の保健師さんの場合は退職金も多くの金額が貰えます。

 

 

保健師の仕事内容

 

保健師の仕事内容は人々が心身ともに健康な状態で生活ができる健康増進と病気にならないための予防方法を教えることになります。

 

具体的な仕事内容

 

健康診断による疾病の早期発見

 

適切な食事や生活指導

 

また、保健師の赤ちゃん訪問では「うちの子は成長が遅いのではないか?」という、母親の心配事の相談にのり、必要な場合は医療機関への受診を促すことも保健師の仕事となります。

 

 

保健師の仕事場所

 

保健師の仕事場所は3つあります。

地域の保健所や市役所で働く「行政保健師

 

企業の医務室や、健康相談室で働く「産業保健師

 

学校の保健室の養護教諭として働く「学校保健師

 

行政保健師

 

地域の保健所や市役所で地域の住民の健康を守る役割を持ち、乳児から老人まで幅広く見ます。
多くの保健師が行政保健師となります。

 

 

産業保健師

 

産業医や人事労務の担当者と連携し、その企業の従業員の健康を管理します。
近年、精神的ストレスも多いため、体だけなく、心の健康を予防も大切になります。

 

 

学校保健師

 

学校に勤務し、生徒と職員の健康を管理します。

 

 

保健師から転職して看護師へ

 

保健師になられる方の多くは看護師の臨床経験がないまま、保健師なられる方がほとんどです。
しかし、保健師から看護師へ転職を考える方も多くいます

 

 

保健師から看護師に転職した方の声として

 

 

 

保健師で働いていた時は病院を経験してから、
幅広い知識をもつことの重要性を知り看護師に戻りました。

 

 

 

 

高齢者の方々と話をする中で、看護師としての知識の必要性を感じました。

 

 

 

このように、保健師は高齢者との関わりも多く医療的な知識、経験も問われます

 

 

そのため、看護師の経験をしたいと思い、看護師に転職を考える方もいます

 

 

しかし、看護師業務を経験していない方が保健師になり、
看護師に戻ろうと思っても臨床経験がないため飽きらめる方がいます。

 

 

ちょっと待って下さい!!

 

 

現在、ブランクのある看護師に対しての教育も手厚くなっています。

 

いろいろな理由で看護師として働かなければいけない状況の場合は復職支援教育を活用すると看護師への復職もスムーズになっていますので諦める必要はありません。

 

 

また、病院やクリニック、施設としても看護師は不足しているため、就職先は色々とありますのでご自身がどのような職場で働きたいのかを考えておくと良いでしょう。

残業なしの求人あり

年間8.6万の看護師転職をお手伝い!
年収500万以上、年間休日120日

良好な職場環境をオススメしています。


 
トップページ 転職支援金の仕組み 逆指名制度を活用 キャリアコンサルタント 非公開求人を活用