ブランクがある看護師の不安

看護師転職ボーナス12万がもらえる

子育てでブランクがあり復職に不安がある看護師

 

バリバリ働いていた看護師さんも出産、育児を機に一度看護師を辞める方がいらっしゃいます

 

そして、お子さんの育児に追われる忙しい生活が続きますが、子供が大きくなり、子育ても一段落すると生活にも余裕が出てくる時期がやってきます。

 

 

その頃になると、子供の将来を考えると学費や塾代などお金も必要となってくる時期でもあるため、もう一度、看護師として働きたいと復帰を考え始める方が多くいます。

 

 

 

それと同時に考えるのが長い間、臨床から離れていたブランクである不安と3交代や夜勤などの仕事と家庭や子育てを両立できるのかという子育ての不安です。
ブランクは短い方で5年、長い方では20年という方もいます。

 

 

ブランクのある方が考える悩み

現場を離れている期間が長ければ、以前働いていた時に比べ技術や知識を忘れていることが多いです。

 

また、常に医療は進歩していますので、新しいことを覚えなくてはいけないという不安があります。
また、子供が急に熱を出した時に休める職場環境であるのかという不安もあります。

 

 

しかし、そのような不安がある方でも安心してください

 

 

現在、ブランクがある看護師でも少しでも仕事の不安を取り除くための勉強や学習システムが出来ています。

 

それが『復職支援制度』です。

 
 
これらは日本看護協会や各病院独自のシステムによりブランクのある看護師を対象に復職支援や勉強できる病院が増えてきました。

 

 

またブランクのある方は小さなお子さんがおられる割合が多く、子育ての不安もあります。
その中で小さなお子さんのある看護師さんのために院内保育がある病院もあります。

 

 

このように、現在の看護師現場はブランクがある方でも仕事が行いやすい環境になってきつつあります。

 

 

ブランクのある看護師のために復職研修はあるの?

 

ブランクのある看護師が職場復帰を考えた時、採血などの技術的な不安が出てきます。
そのような時、病院によっては『復職支援制度』の研修があります。

 

復職支援制度とは
 

各病院が臨床をしばらく離れていた方を対象に少しでも安心して働いていただけるように、基本的な看護技術や最新の技術を習得することを目的にした研修プログラムのことです。

 

このような研修プログラムは義務ではないため、復職支援制度を行っていない病院もあります。

 

 

では、復職支援制度がない病院に就職するのは不安で仕方がないと思われる方もいらっしゃると思います。

 

 
安心してください!

 

 

現在、日本看護協会が運営しているナースセンターでは、
復職支援のための研修を各地方により定期的に行っているため、探すことができます。

 

 

このように、現在ブランクがある方に対して、
少しでも不安を取り除くための教育プログラムは出来てきています。

 

 

そのため、不安がある方は一度ご活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ご自身で複数の復職支援制度を行っている病院の見つけ方がわからない。
探すのが難しいと思われる方もいらっしゃいます。

 

 

そのような方のために、
転職サイトでは復職支援制度を行っている病院を複数ご提供してくれます。

 

 

もし、迷っている方は転職サイトをご活用することで手間と時間が省けます。

キャリアコンサルタントがサポートしてくれるため、些細な悩み事も相談・アドバイスがもらえます。

 

 

そのため、一人で仕事のことや保育所のことに悩む時間が少なくなることで、ご家族と一緒に過ごせる時間を多く作れます。

 

 

看護師の業務と子育ての両立が悩み

 

子育てをしながら、忙しい看護師業務の両立ができるのか心配と悩みが出てきます。

 

看護師業務が行えるのも、お子さんを保育所に預けられえるためです。

 

ですが、お子さんを保育所に迎えに行く時間が遅くなってしまい寂しい思いをさせてしまう心配もあります。

 

 

しかし、院内保育であれば、すぐにお迎えに行くことができますし、昼休みにも顔を見に行くこともできます。

 

さらに院内保育の風景を職場のパソコンから仕事の空き時間にパソコンから見ることもできる所もあります。

 

院内保育というと小児科病棟を中心とした、入院中の子供たちのお世話をする場所のイメージがあります。

 

 

しかし平成14年度から

医療従事者全体の確保策の一環として、看護職員以外の職員の乳幼児が補助対象に追加されました。
 
そのため、病児等保育を実施するための、看護師の配置に必要な経費に対する
補助が新設されたことなどの背景から院内の保育室で、主に看護師さんのお子さんを預かる「院内保育」が出来てきました。

 

 

お預かり時間は、看護師さんの勤務形態に合わせて行われている所が多いようです。

 

また、土日祝も関係なく、預かっている所や24時間の保育、一時保育を行っている所もあります。

 

しかし、院内保育を行っている病院を探し、それに加え雇用条件が良い病院を探すのですが、時間と手間がかかるため多くの方は妥協してしまいます。

 

 

そのような時には転職サイトが使うと、キャリアコンサルタントが院内保育を行っている病院に加え、雇用条件の良い病院を複数探してくれます。

 

また、その病院の雰囲気などの生の情報をご提供してくれます。

 

もし、これから看護師に復帰したいと考えている方は登録は無料ですので使用してみると、案外早く、あなたの条件にあった職場の情報をご提供してくれるかもしれません。

残業なしの求人あり

年間8.6万の看護師転職をお手伝い!
年収500万以上、年間休日120日

良好な職場環境をオススメしています。


 
トップページ 転職支援金の仕組み 逆指名制度を活用 キャリアコンサルタント 非公開求人を活用