看護師転職選びで失敗しない!多くの祝い金をもらう5つの方法教えます

看護師転職ボーナス12万がもらえる

看護師求人が多いデイケア・デイサービスの集団体操内容

 

デイケア(通所リハビリテーション)
 
入浴などの介護サービスに加えてリハビリテーション(理学療法士や作業療法士が提供)を受けることが出来ます。

 

 

デイケアとデイサービスの違い
 

介護サービスに加え、リハビリ専門職がリハビリを提供してくれるのがデイケア、リハビリの提供がないのがデイサービスとなります。

 

 

デイケアでの機能訓練・集団体操のやり方と注意点

 

機能訓練
 

機能訓練は理学療法士(PT)や作業療法士(OT)が個別にリハビリを提供してくれます。
そのため、疾患や日常生活動作によりリハビリプログラムは異なってきます。

 

 

 

問診時に聞いておきたい内容

 

日常生活でどのようなことに困っているのか?

 

どのようなことが出来ないのか?

 

介護をする家族が困っていることは何か?

 

 

を詳細に聞くことでその人にとっての問題点が見えてきます。

 

 

リハビリをする上での注意点
 

リハビリ前のバイタルサイン
入浴後に行うリハビリ前のバイタルサイン
糖尿病を持っている方のリハビリは昼ご飯前は避ける

 

いつもと違う表情や行動があるときは注意深く観察することが必要です。

 

 

 

集団体操

集団体操は一部機能訓練の目的はありますが、集団で体を動かし楽しむことにより笑顔や会話、そしてQOL向上に繋がります。

 

認知症がある方の場合は個別的なリハビリを拒否することもあります。

 

しかし、
集団体操ではみんなで楽しく行えるために行ってくれるといったメリットがあります。

 

 

更に日常の生活で喜怒哀楽が少なくなってきている方は集団体操により、体を動かすことで良い刺激が入り、感情に対しても良い刺激が入るようになってきます。

 

 

そのことにより、満足した生活やQOL向上に繋がってくるのです。

 

 

集団体操のメリット

 

デイサービスに通所している方の中には、リハビリをもっと受けたいが介護保険点数の関係でなくなく受けられない方もいます。

 

そこで、リハビリの代わりになるのが集団体操です。 

 

リハビリもすごく重要ですが、日々の生活に集団体操を取り入れていることもすごく重要です。

 

その中で、日常から介護スタッフもできるだけリハビリ要素を取り入れた介護をすることで能力は伸びていきます。

 

例えば

 

少しでも歩ける方であれば、この時間の移動は車椅子ではなく付き添いの歩行にしよう

 

時間がかかってもできる方であれば、トイレもすぐに介助するのではなく、できるだけ見守りながら自分でズボンの上げ下げをしてもらおう。

 

このような事ですが、その方の能力を最大限に発揮してあげることで、ADL能力も向上が見込め、ご家族さんからも喜ばれます。

 

 

集団体操の内容

風船バレー
 
メリット:車いすの方でも行え、瞬時の体幹の動きができるためバランスが向上する。
更にチーム戦にすると笑顔や会話が増えてくる

 

輪投げ
 
メリット:車いすでも可能。体幹前傾の動きが出るため、立ち上がり動作が行いやすくなってくる。

 

 

しかし、集団体操は理学療法士や作業療法士がメインで行わなくてはいけないことはありません。

 

 

看護師や介護福祉士がデイサービスでメインで行っても構いません。
いろいろと楽しめる内容でリスク管理が行いやすい内容にすると良いです。

残業なしの求人あり

年間8.6万の看護師転職をお手伝い!
年収500万以上、年間休日120日

良好な職場環境をオススメしています。

関連ページ

介護老健施設・デイサービスの看護師は求人が豊富
介護老健施設・デイサービスの看護師は求人が多くなっています。

 
トップページ 転職支援金の仕組み 逆指名制度を活用 キャリアコンサルタント 非公開求人を活用